ホームページ作成の小技-BreathTake-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |

OpenPne

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SocialNetworkService:SNS)とは、「インターネット上で構築した社会的ネットワークサービスの事」であると意味づけられております。
代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとしては、
・日本最大の会員数を持つmixi(ミクシィ)
・モバイル向けのGREE(グリー)・モバゲータウン
・海外では世界最大の会員数を持つFacebook(フェイスブック)
などがあります。
不特定多数の会員を集めて運用するSNSではなく、小規模集団で運用するのであれば、「OPENPNE」というフリーで公開されているSNS構築ソフトがあります。
これを使えば、mixiに似たソーシャル・ネットワーキング・サービスが自分で運用出来るようになります。
(携帯からの投稿等にも対応しているので、メルマガ発行の用途でも使用出来ます)

OPENPNE
公式ホームページ
作成サイト
マイページ(会員登録しないと見れません)
公式サポートサイト(会員制)

エックスサーバーを使ったOPENPNEの設定

①設置方法
OPENPNEは、OpenPNE2とOpenPNE3とで、その設置方法が大きく異なります。
OpenPNE3の設置にはSSHが必須となりますが、エックスサーバーでは「SSH」が使えないので、OpenPNE2でのサイト構築となります。
(注)SSH(SecureSHell)
ネットワークを介してインターネット上に置かれているサーバにログインしたり、コマンドを実行したり、ほかのマシンへファイルを移動(コピー)したりするためのプログラム。

②プログラムのインストール
ロリポップでの設定方法を参照にして、インストールしてください。

③エラー現象・その1
上記の方法でインストールすると、
Warning:date()[function.date]~
と言うエラーメッセージが出てしまいます。
PHPの5.1.0以降、date関数を発行する際は、デフォルトタイムゾーンを設定していないことが原因で発生するエラーのようです。
これは、date_default_timezone_set関数で定義するか、php.iniで設定することによって解決します。
date_default_timezone_set関数での定義
date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
php.iniの設定
date.timezone=Asia/Tokyo
エックスサーバーでは、サーバーパネルの「php.ini設定」で、php.ini設定をONにすると解決します。

③エラー現象・その2
「紹介が無くても登録可」の設定にしていても、ログイン画面で新規登録ボタンが出ないのでしばらく悩みました。
しかし、ボタン画像が表示されていないだけで、ログインボタンの下をクリックすると「新規登録」画面に飛びます。
./sns/skin/default/img/skin_login_open.jpg
の画像を、「skin_open.jpg」にリネームして、既存の画像に上書きしてやると解決します。

④携帯との連携
携帯サイトから新規登録しようとすると、
「新規登録するには以下のリンクから、本文を入力せずにメールを送信してください。
メールで登録!
※かならず利用規約に同意してから登録をおこなってください。
※ドメイン指定受信を設定されている方は、「sns@breathtake.net」からのメールを受信できるように指定してください。」
と言うメッセージが出ます。
で、メール送信して見ますが、返事が返って来ません。
調べてみると、送信されたメールは「get@breathtake.net」宛てに届くようです。
そこで、
・エックスサーバーで、「get@breathtake.net」のメールアドレスを作成する。・そのメールアドレスに転送設定をする
・ほにょほにょ
…と試行錯誤したのですが、上手く行きません。
ネットで検索して、エックスサーバーのマニュアル「外部プログラムのインストールについて」という項目に辿り着いたら、「携帯機能に一部使用できない機能あり(要キャッチオール機能、弊社未導入)」との記載を発見!!
とほほ。
「このままでは終われない」ので、とうとう書物を買いました。
「OpenPneでつくる! 最強のSNSサイト」
株式会社ソーテック社
本体価格 2,580円
小川晃夫&南大沢ブロードバンド研究会著
携帯での投稿方法が記載されていたので、さっそくトライして見たら、キャッチオール機能がついたメール転送サービスということで紹介されている「jpn.ch」はすでにサービスが終了していて、買った意味がありませんでした。

スポンサーサイト
copyright © 2011 BreathTake all rights reserved. / Template By innerlife02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。